振り返る。前半戦

みなさんあけましておめでとうございます。そしてご無沙汰しております、おかじゅんです。もう1年の3%が終わりましたよ。正月は地元の福岡に帰省しました。実家は楽すぎてダラダラしてしまいますね、環境に支配されやすい人間なのです。

ということでアメリカ横断から4ヶ月が経ちました。遠い昔の出来事のようです。ブログが完全に放置状態だったのでこれからボチボチ再開していきたいと思います。今更ながら2017年の振り返りとこの一年をどう過ごしていきたいのかを書かせていただきます。

2017年の振り返り

2017年を一言で振り返ると 「人生が変わった年」 とでもいいましょうか。一つの出会いによって僕の進路はガラッと変わりました。それでは月ごとに見ていきましょう。

1

9ヶ月ほど勤めた人材系の長期インターンを退社。ベンチャー起業を生で体感することができました。めちゃくちゃ学生にテレアポしたなー。この時メンターとしてついていただいた社員の方には今でも仲良くしてもらってます。事業部長は僕が次から営業のインターンしますって話したら、僕の家に内緒で本を送ってくれました。事業部長が営業を始めたときに読んで感動した本を。カッコよすぎるだろ

2月~4

このときしか経験できないことがしたくて、士業に特化した人材会社のスタートアップでインターンを開始。誰かのいいねでFacebookのタイムラインにインターン先の代表のブログが流れてきて読んだことがきっかけ。想いに共感してすぐ連絡して会ってもらいました。こーゆうときの行動力は凄まじいと自分でも思ってます。笑

インターンでは初めての営業を経験。アポ取りから提案、クローズまでやりました。スタートアップの環境だからこそ色々任せてもらえて、フィードバックも代表から直接もらえました。毎回怒られてばっかりやったけど、このときに自分の働くときの幸せの価値観的なところが徐々に分かってきました。そんな中ある問題が。

どうしても目の前の仕事にやる気が起こらない。なんのためにやっているのか迷走する。結果も出ない。そんな状況に耐えきれず僕はインターンを辞めてしまいました。このとき学んだのが、やるべきことだけじゃ続けられないこと。インターン先の仕事は本当に価値があり、やるべきものだと思います。でもそこに 自分の「やりたい」というパッション がないと諦めてしまうということです。当時までの大学生活では社会的にやるべきこと、評価されることばかりに目がいってしまい、一番大事な「自分の気持」を大切にできていませんでした。僕にとってこの考え方を実体験で学べたことはとても貴重でした。

送別会でゴチゴチに酔っ払って、気づいたらタクシーの中で、ろれつの回らない状態で必死に財布からカードを出してお金を払い、最後にシートにボミっとしたのが一番のハイライトです。あの時の運転手さん、本当にすみませんでした。もう二度とあんなことはしないと誓います。

4月~7

お金も必要なので新しいインターン先は決まっていました。それはよかったのですが、前のインターンでコミットした分の反動で燃え尽き症候群的なものに陥り、糸がきれたかのように全てのやる気を失いました。その分得たのが物欲で、ひたすらネットで買物していたのを覚えています。外界との関わりもインターン以外はしたくなくて、ひたすら家に引きこもってました。

そんな生活を一ヶ月続けているとさすがの僕でも焦りはじめて、とりあえず外界とかかわらないと!という気持ちに。とりあえず就活もあるし、OB訪問でもして社会人の話を聞いてモチベ上げるかーっと行動したのが、僕の人生を変えるキッカケになるとはこのとき思いもしませんでした。っていうよくある風な書き方をしましたが、本当にその方との出会いがなければ今活動している団体にも出会わなかったと思います。これぞ偶発的計画性理論。知らない人は調べてね。

という感じでこの時期の出会いにより僕の選択は大きく変わっていきます。後半戦と2018年のことは次の記事で書きたいと思います。久しぶりなのでダラダラ書いてしまいました。もう日記ですねこれ。笑

もちろん8月はアメリカ横断です。頑張って毎日書いた記事があるのでまだ読んでない人はぜひチェックしてください!

最近嬉しかったことが1つ。 「アメリカ横断 ルート66 エンブレム」のキーワード検索で一番上に僕の記事が出てきました。 めっちゃキーワード絞っていますが、なんもしてないのにSEO対策できてます。やったあ。

ということで後半戦もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください