【アメリカ横断・2日目】雨のニューヨーク前編。

こんにちは、おかじゅんです。ただいま朝の9時半、ワシントンにいます。あまりにも濃すぎるニューヨークでブログを書く暇がありませんでした。笑 雨が降ったり止んだりで立ち往生するときもありましたが雨のニューヨークも悪くなかったですね。大変でしたが、貴重な体験です。

さて、2日目を振り返っていきましょう。朝は8時ごろに起床し、夢集めの準備を行い、いざ出発です。

 

ロックフェラーセンター&Central Park

バスと電車を駆使してロックフェラーへ。ここで、問題発生。バスの支払い方法がわからない。とりあえず他の乗車客を見ているとみんな専用のカードを持っています。僕たちはそんなもの持ってないので、

僕たち 「すみません、お金しかもってないんですけど、、、」
運転手さん「そっかそっか、とりあえず座りなよ!」

言われるがままに座ります。ゆらゆら揺られること15分、目的地に到着し降りるときに、

僕たち「いくら払えばいいですかー?」
運転手さん「いいよいいよ!お金は気にしないで、カードはそこで買えるから!あと地下鉄はそっちにあるからねー!」

なんてことでしょう。得体の知れないアジア人旅行客にこんなに優しくしてくれるとは。アメリカ人ならではの大らかさなのでしょうか。朝からホストマザーや運転手さんに助けられ次の目的地に向かいます。

アメリカの地下鉄はこんな感じ。

少しわかりにくいですが、このお店従業員がめっちゃ多くて2、3人は何もしていない人がいたはずです。

まずは展望台の景色やクリスマスイベントが有名なロックフェラーセンターの写真を撮り、

続いて徒歩でCentral Parkへ向かいます。スーツケースを持っての移動はなかなか辛いです。

高層ビルの中にたくさんの緑がある公園。都会の喧騒を忘れさせてくれます。まるでニューヨークの代々木公園や~。

ここはよく撮影でも使われる場所らしいです。ここら辺からポツポツ雨が降ってきましたが、早速企画を実行していきます。Central Parkで印象的だったのが兄妹で歌っていたストリートミュージシャンの方達です。CDもあったし、ミュージックビデオの撮影的なのもしていたので有名なのでしょうか?

私たちの歌を通して、できるだけたくさんの人たちに平和と楽しみを届けたい」と話してくれたエイブラハム。僕たちも歌を聴いて感動したのでもっともっと多くの人に届いて欲しいですね。

コロンビア大学

そのあとは、ナイトミュージアムの舞台となったアメリカ自然史博物館を外から鑑賞し、

東大よりも難関な大学と言われるコロンビア大学へ。

ここでも素晴らしい出会いがありました。

 

宇宙が大好きだから火星に行きたい。

宇宙の美しさに感動したから宇宙飛行士としてNASAで働きたい。TシャツもNASAです。

両親がお医者さんとして人々をいつも助けているように私もお医者さんになって戦争が起きている国で人々を助けたい。

日本のアニメーション文化を学ぶために東京に行きたい。

16歳、17歳の高校生が熱く夢を語ってくれました。勉強する目的をしっかりもっているからこそモチベーションを保っているようです。その中でも心に残った言葉が、なぜ私たちは夢を持つ必要があると思いますか?という質問に対して、「夢を持つことは人生に目的を与えてくれるから」と答えてくれました。一見当たり前のように聞こえますがみなさん核心をつかれたのではないでしょうか?

ということで、前編はそろそろ終わりにしたいと思います。更新が遅くなってすみません。引き続き記事をUPしていくのでよろしくお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県出身、新卒でフリーランスに。 スモールビジネスのマーケティング担当とフリーランスデザイナーのコミュニティ運営をしています。カメラ事業もこれから始めます。