目的と目標の違いをあなたは知っていますか?

こんにちは、好き飯研究家のおかじゅんです。サークルの後輩がすごいスピーチを頑張っていて、こういう子を応援してあげたいなと改めて感じました。おじさんです。キラキラしてるっていいなぁ。

今回は後輩のスピーチを添削している中で話題にもなった、「目的」についてお話ししていきます。

定義

「目的」とは達成したいこと、成し遂げたいことの抽象概念。

「目標」は目的を達成するために必要な通過点を具体化したもの。

目標は目的の下にあります。僕の中では目標と手段はそんなに変わらない気がしますね。目標は手段に期限や数値が付け加わったイメージですね。

目標にばかり目を向けていませんか?

大学生になると多くの方が、「~をしたい! ~をやりたい!」とモチベーションを高く持つと思います。みなさんもこんな目標考えたことはありませんか?

A君「TOEIC800点を取る」

B君「起業したい」

C君「大企業に入りたい」

良い目標ですね~やる気があって素晴らしい。それではA君を例に少し考えてみましょう。

A君「TOEIC800点取る」

英語を頑張りたいんでしょうね。800点も取れたらすごい。では、A君のTOEIC800点を取る目的はなんでしょうか?

「英語をネイティブ並みにペラペラ喋るため!」

「海外留学をするため!」

「かっこよくなるため!!!」

こんな感じになりそう。なんでTOEIC800点取りたいの? と聞いてモゴモゴするより、目的が答えられるだけ素晴らしいですね。

「英語をネイティブ並みにペラペラ喋るため」

この目的をA君は達成しなければなりません。その場合どんな目標・手段が考えられるでしょうか?

TOEICで満点取る」

「英検1級を取る」

「留学をする」

DMM英会話のレッスンを受ける」

「外国人が集まるBarにひたすら通う」

「スピードラーニング」

「英語を母国語とする外国人の彼氏・彼女・友達を作る」etc…

このように目標や手段はたくさんありますよね。つまりここで言いたいのことは、目的を明確化しないと最適な目標や手段も見つからないというとです。

もしかしたらA君にとっては「外国人が集まるBarにひたすら通う」という手段の方がモチベーションも維持できて頑張れるかもしれません。

目標ややりたいことなどは突発的に思いついたり、周りの人からの影響を受けて見つかることも多いです。そんなときは、一旦立ち止まって 「目的はなんだろう、なぜ自分はそれをする必要があるんだろう」 と考えてみてください。そうすることで頭の中も整理されて最適な目標・手段が立てられると思います。

仕事や学校、サークルなど日常生活においても「目的」を考える癖をつけると良いですね。問題に直面したとき、忙しいときにこそ「目的」を意識することで本質を見失わずに物事に取り組めると思います。

そのためにも日頃から「なぜ」を問いかけることがオススメです。トヨタでも実際に仕事上で使われています。「なぜなぜ5回」画期的です。対象に応じて問う回数変えることも重要ですね。でも1回だけ「なぜ」を問いかけても本質がわからないことは確かです。

http://toyokeizai.net/articles/-/130707?page=2

まとめ

どんな時も「目的」を意識することが大切です。目的が明確になるほどたくさんの手段が思い浮かぶと思いますし、そこから自分の「好き・強み・得意」に合わせて目標や手段を選択する方が結果も出しやすくなるでしょう。あとは「なぜ」を常に問うことですね。みなさん習慣化できるように日々考える癖をつけましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県出身、新卒でフリーランスに。 スモールビジネスのマーケティング担当とフリーランスデザイナーのコミュニティ運営をしています。カメラ事業もこれから始めます。