大学を休学してアメリカ横断を決断した理由

こんにちは、おかじゅんです。
ブログ2日目、ちゃんと投稿しますよ。

前回は好き飯についてお伝えしましたね。
今回は明後日からスタートすることについてお話ししたいと思います!

「おかじゅんアメリカ横断行くってよ」

そうなんです。8/18/21でアメリカ横断に行ってくるんです。免許持ってないのに。車で。

一緒に行く友達に5000キロ運転してもらいます。多分日本で横断全部一人運転した人はいなんじゃないかな? 飲み会で話せるネタになりますね、レッドブル毎日奢るので運転頑張ってくださいませ。

そもそもなんでアメリカ横断なの?

僕は高校2年生の夏休みに1度アメリカに行ったことがあります。父親と2人旅。

お父さんが若い頃にアメリカで仕事をしていたらしく、将来子供と一緒にまた来ようと決めたと言っていました。そのために僕が生まれてから毎月1万円アメリカ旅行の貯金していたそうです。

僕にとって初めての海外旅行であり、たくさんのことが初めての体験でした。

グランドキャニオンでヘリコプターでしか行けないとこ行ったし、ラスベガスもハリウッドもサンフランシスコもニューヨークも行ったし、はたまたナイアガラの滝をカナダ側から見たし。飛行機が飛ばないなどのハプニングもありましたが旅行としては満点でした。

しかし、1つだけ心残りなことが。

「やべ俺、全然英語わからねぇ」

まあ、そうですよ。今まで英語苦手で、高校生になって何となくわかるようになってきたけど、英検22回落ちたし。

でもこの時の経験から英語を喋りたい欲、聞きたい欲が上がってきました。

そして、こうも思いました。

「もしもっと英語が喋れて聞き取れてコミュニケーション取れたら違うアメリカが見れるんじゃね?」

この時からいつかアメリカにもう1度行って、リベンジしようと決意しました。

それから大学に入り、ESSに入って英語スピーチやったり、フィリピンとオーストラリアに留学行ったりして、ある程度喋れるになったのでアメリカへのリベンジを決断しました。

スポンサーリンク

ただ旅行するだけなの?

アメリカ横断と聞くとただの旅行だと思いますよね。最初はその予定でした。でも、せっかくリベンジで行くなら何か面白いことがしたい!ということで

「おかじゅん、1000人の夢集めるってよ」

はい。横断中に1000人にインタビューしてみんなの夢やどうしてその夢を持ったのか、夢がモチベーションになっているのかを聞いてきます。

今の日本は豊かになり過ぎたこともあって、若い世代は「夢ない、欲ない、やる気ない」とも言われています。確かに自分の周りにもそのような特徴を持った人はたくさんいます。だからこそ、夢を持っている人は毎日をイキイキ、ワクワクして過ごしているというデータが取れれば夢を持つ重要性を訴えれるのかと考えています。

www.sankei.com

ということでアメリカ横断行ってまいります。

インスタも更新するので、ブログと一緒にチェックしてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県出身、新卒でフリーランスに。 スモールビジネスのマーケティング担当とフリーランスデザイナーのコミュニティ運営をしています。カメラ事業もこれから始めます。